So-net無料ブログ作成
検索選択

他人事では・・・

口蹄疫の被害に遭われた方のブログです


何を書いても陳腐な言葉になってしまいそうなので・・・

でも、せめて、出来ることは、祈ること。
あとは、本当に僅かしかできませんが募金をしようと思いました。


塵も積もれば・・・ですよね。


少しでも、この方々の苦しみ悲しみ辛さを感じてあげることで
被害に遭われた方、並びに豚の命が救われることを信じます。

お悔やみ申しあげます。


池上さん

今、夫婦の間で一番、ホットな人。

そう。それは・・・

池上 彰さん。

二人して経済やら、社会問題に疎い。
まして子どもがいると教育番組オンリーになりがち。

で、世の中で起こっていることを知らないことも多い。

でも、親である以上、子供に社会の仕組を教えられないとちょっと恥ずかしい。


で、池上さん。というわけです。


彼の言っていることは本当に分かりやすい。
そして、知らないことを恥ずかしい事とは捉えない。
そんなことも知らないの?と馬鹿にしていない。
自分も見習いたいところですが・・・

45分で分るシリーズの池上さんの著書で
リーマン・ショックについて書かれている本。
これが本当にわかりやすかった。

ブッシュさんが、いかに駄目かも。
そして、小麦の高騰や石油の高騰も。
これ、ぜーーーんぶ、ブッシュさんの思惑っていう。

あと、家に置いておいてあげようって思ったのが


これは村上 龍さんの 13歳のハローワーク

児童館に置いてあって子供を放っておいて夢中で見てしまった。

あと、接点があんまりにも無くて逆に知りたい事がたくさん書いてあった。

のが、

雑誌 プレジデント。

これは専ら、図書館で借ります。


一体、何を目指しているのでしょうか???

私にも分かりません。

トウリーディング [からだのこと]

私の祖母の足はひどく歪んでいた。

見ているととても、苦しくなる足だった。


外反母趾もひどくて、何だか心が苦しい。

祖母はとても変わっていて
周りの人は全員、彼女のことを聖人君子だと思っていたような人だった。


が、しかし、私と母だけは彼女の正体を知っていた。


まあ、死後、思いっきりバレるっていうオチもアリ。
秘密は墓場まで持っていけない時もあるものだ。

彼女はどうしてあそこまで歪んでいたのだろう。
地方では有名な本屋の娘で、
いわゆる庶民ではなかっただろう。
大きな蔵がいっぱい敷地の中にあった。

小さい頃に一度だけ見た風景が未だに目に浮かぶ。


トウリーディングという、本に出会った。
足の形でその人の人生を読み解くというもの。

興味深い・・・

手相占いがあるならば
足もあるんではなんて思ってはいたし。

そしたら、アメリカでは今話題?らしい。
あくまで、ニューエイジの間だけかもだから、
実質のところは分からないけれど。

でも、何となくだけど、
祖母の心みたいなものが足にも現れていて
時代もあってあの人の本音を聞いてくれる人は誰もいなくて
でも、ものすごーーーく厳しく躾けられたとか?
そんな感じなのかなあ。とか。


まあ、いなくなってしまった人の事をあれこれ考えても
本人にしか分からないので、置いておいて。


私の足は果たしてどんな感じなのかすっごく気になるんだが
案外、こういう本って得てして自分のことはやっぱりよく分からいない。


それって自分のことはちょっと、
こうであって欲しいとか、
期待の目で見ちゃうからなんだろうなあ。

5月25日 [子育て]

あっという間に、茉奈が一歳を迎えた。

早いものです。

ロールケーキを作ったのだが、、、、
またも、失敗。自分の誕生日の時もスポンジ失敗して。
今回も。


実は電動の泡だて器ではなく手動だったこと。
今までは若さで(?)なんとかなっていたけれど、
もう、子供二人もいて、限界だったのでしょう。

と、いうことで電動の泡だて器を買いました。

そして、2日連続、ロールケーキ。
何の苦行??って感じです。

でも、子供にロウソク、ふーってやらせてあげたいじゃない。

幸せの象徴。私にとっての。


お恥ずかしながら、ブログでアップ出来るほどのものには
ならなかったので・・・


ご想像にお任せで・・・



子どもが育つのはあっという間だ。

勉強・・・ [からだのこと]

この間、鍼灸師のおじいちゃんに会いに行った。

その三日ほど前、凄く調子が悪くて
食事も喉を通らなくてもうダメかもしれないと思ったと言っていた。

自分で養生して食欲が戻ったとは言っていたけれど。
でも、もう、この世からいなくなる人ってだんだんと白くなっていく。

おじいちゃんはまさに、白かった。
ても、ものすごく冷たかった。
ものすごく寂しい。

けど、きっと、私もそろそろ、おじいちゃんに甘えてばかりではいけないのだろう。

卒業しなきゃいけない。


自分で自分のケアが出来る技術を本当の意味で身につけなくては・・・

そう感じた。

ずーーーっと悩んで、リフレ習おうかとか、アーユルヴェーダにしようか。
メディカルハーブか・・・
しかし、7月からの講座がなかなか無い。

なんか、始める時期として7月がベストなんじゃないか。
そう感じた。

で、見つけたのがチネイザン。

で、この間の土曜日、説明会を受けてきた。
最初は受けるつもりなんて全く無かった。

のにも関わらず、
夢がチネイザンなんですよ。
延々、チネイザンの授業を受けている。


これはもう、行けって事かって思った。

大きいお金だから、決めかねていた部分もあある。
でも、ここは腹を括ってやってみよう!!
まずは自分の為にね。

しかも、授業は7月から。
きっと、うまく流れるようになっているのだろう・・・

友人から・・・

大きなトートバックをいただきました。
2010-05-24 007.jpg2010-05-24 008.jpg
マザーズバッグです。

なんと、手作り[ぴかぴか(新しい)]

向ヶ丘遊園の古着屋さんで、商品もおろしたりしているようです。


ブリジャールというブランドです。
スペイン語で輝くという意味があるらしい。


どんなハイブランドのバッグよりも私にとっては高級品デス。

自分では、幼稚園の小物をなんとか作れるくらいなので
少しは頑張ってうまくなりたいな・・・
というのが、当面の目標デス。

友人に、子どもが生まれたので、
同じものの色違いをオーダーしました。

その生まれたこの名前は、

ヒカルちゃん。

まさに、ブリジャール!!

書いてて、今、気付きました。

世の中、うまくいってますねーーー。

名前、書かなくていいじゃん。
あくまで、スペイン語だけど。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。